ススキノで人気の居酒屋


日曜日のすすきのはお店選びに困る。 いつもの参醸倶楽部や野武士でも良いが、新しい店を開拓をしたい。 日曜日に営業していて気になる店をピックアップする。 「グルマンズいとう」「勝龍庵肴家くのり」・・・などなど片っ端から電話を掛けるが、何処もかしこも「予約で一杯です」という返事。 諦めず掛け続けて数件目、「あと1時間くらいで、お席用意出来ると思います。席が準備出来たら、お電話差し上げますよ。」おぉ!捨てる神あれば拾う神だ。 ホテルで仕事をしていると、席が用意できたとの連絡があり、早速伺うことにした。 この店の評判は聞いており、数年前から気になる店。 実はこれまでも何度となくチャレンジしたが、いつも予約が一杯で入店が叶わず諦めていた。 今回は千載一遇のチャンスだ。ワクワクが止まらない。 店内に入ると、活気みなぎる感じがあり、雰囲気は悪くない。 カウンターに通され、まずは酒のメニューから目を通す。

なかなか揃えがいい。まずは北海道で旨い酒定番の北斗随想から頂く。

先付けは茄子の煮浸し海老味噌ソースがけ。 今回の「マイぐい呑み」は、中村六郎 作 備前酒呑。少々生焼けであるが、私の初中村六郎であり思い入れもある。 「こちらが、おすすめメニューなのですが、その中でも特にオススメが、ししゃもの刺身と、タチの天ぷら、それから殻付き牡蠣です。」 ナルホド、いいね。 「じゃあ、それ全部もらいます。牡蠣は焼きでお願いします。」 ししゃもと言えば干物で「あぁ、あの庶民的な味の?」と思われがちだが、一般的にスーパーで販売されている「ししゃも」とは全く別物である。 一般的にスーパーなどで売られているものは「カラフトシシャモ」とも言われる「カペリン」という魚で、柳葉魚とは別の種類。最近は食品表示が厳しくなり、表示をよく読めば「カラフトシシャモ」や「カペリン」と明記されている事に気づく。 さて本物の柳葉魚は、北海道の僅かな地域でしか生息していない日本固有の種で、種の保存や、漁獲高の確保のため漁期が10月~11月中旬と限られ、僅かな期間にしか獲ることができない希少な魚なのである。また足も速いので基本的には干物になる。地元北海道でも「生」で食すことは珍しく、秋の僅かな期間だけの美味である。 しかも、この柳葉魚は「大黒ししゃも」いわゆるブランドししゃもである。ワクワクがMAXである。

さて待つこと数分、柳葉魚の刺身だ。 肉厚で艶も良くなかなか良い。秋だねぇ。

続いて焼き牡蠣、牡蠣で有名な厚岸産では無いが、注目度が非常に高い「仙鳳趾の牡蠣」プリッとウマい。 ピークはここまで、ここからが酷い。 というわけで、今回は久しぶりの失敗の回である。 これも「マイぐい呑」の実際である。様々な出来事もある。
不快に感じる表現もあるかもしれないので、気になる方はこの先は読まないでいただきたい。
あえて店名や場所は伏せさせていただく。

まずは手始めに、次に運ばれたやや小ぶりなタチの天ぷら。一つ口に放りこむが、水っぽく衣はべちゃべちゃ、少々生臭い。う〜ん・・・。 続いて、口直しに残っていた柳葉魚に手を伸ばすが・・・。おや?!これは・・・。何かがウニョウニョ動いている?! 生魚だからね、しょうがないよね・・・。 コンバンワ、アニサキスさん・・・。チーン。 店員さんに小さな声で耳打ちすると
お詫びと言ってエイヒレと七輪が運ばれた。 なんだか申し訳ないし、七輪が来たのでズワイガニの甲羅焼きを追加でオーダーした。 おやこれは?

見た目は実に缶詰っぽい。 まさかココは札幌、北海道だぜぃ? 七輪に乗せてしばし待つが、もはや不安しかない。 いかん、コレは時間がかかる。 咄嗟に、いぶりがっこクリームチーズとイコロランの出汁巻き玉子を注文した。

すぐに、いぶりがっこクリームチーズが登場。 普段が参醸倶楽部のアレだから少々残念に思うが、まぁ、普通はこんなものだ。 「焦げてきますので、たまに混ぜてください。」 あぁ、カニね。 ハイハイ混ぜ混ぜ、試しに味見してみよう。ひと舐め。 うんうん、本物だ、本物の缶詰。

チーン。 何が悲しくて北海道で缶詰のカニを食べなきゃならないのか・・・。 「お待たせしました、イコロランの出し巻き卵です。」 キタキタ。これで口直しができる。

無類の卵好きな私。石狩のブランド卵イコロランだ。黄身が白っぽいのが見た目の特長。出し巻き卵も白くなる。 頼みの綱だぜぃ、勝負! 断面を覗く・・・真ん中が焦げている。 恐る恐るひとくち。 「・・・・・。」 オェ・・・マズイ。 出汁感がない。 塩水で作ったのか? 駄目だこりゃ
。

モウカエロウ・・・ 酒だけは美味いが、肴に良いところがない。

何か注文を間違えたのかと反省してみるが、おすすめのウチ特におすすめを主軸に決めたハズだ。

嗅覚を鍛えて出直そう。 ごちそう様でした。 明日のマイぐい呑ライフに乾杯。

#札幌 #中村六郎 #北斗随想 #備前焼 #ぐい呑み

388回の閲覧

© 2016 マイぐい呑のススメ(Encouragement of My Guinomi) myguinomi.com  Produced by Hidenori Sanuki