日本橋 鰤門


今日は年末年始の買い出しのため、日本橋に出かけた。 常々「いつも一人で美味しいものばかり食べてずるい」などと言われているので、今日は家族サービスだ。 ランチにどこに出かけようか、思考を巡らす。 ここ日本橋は、あなご飯の玉ゐ、おでんのお多幸本店、天ぷらの金子半之助、洋食ならたいめいけん。蕎麦なら室町砂場、鰻なら大江戸やいずもや・・・等々。少し考えただけでも垂涎の名店がひしめく場所だ。 今日は家族サービス。年末だから少々の贅沢もいいだろう。 そういえば、コレド室町に入っている寿司屋は鰤門(しもん)だったな。 「お昼、お寿司でどう?」 「え?いいの?やったーぁ!!」 では決まりだ。

日本橋 鰤門 東京都中央区日本橋室町2-2-1 コレド室町 4F 電話:03-3243-0050 定休日:無休 営業時間: 月〜金 11時〜15時 17時~23時 土日祝 11時~15時30分 17時〜23時 嫁は気付いていないようだが、この「鰤門」というお店には、少々思い入れがある。 あれは結婚披露宴の数ヶ月前、結婚指輪が出来上がったと連絡があり、銀座に指輪を引き取りに行った。せっかくだから記念に贅沢をしようと、銀座のお寿司屋さんでランチをしたのだ。その店こそ鰤門だった。 当時は、浅草の弁天山美家古の寿司に感銘を受け、江戸前の寿司に興味を持ち始めた頃だった。「銀座」「江戸前」「寿司」のキーワードで様々に調べて「鰤門」にたどり着いたのを記憶している。 今でこそ気にならなくなったが、当時は高級感のある雰囲気に圧倒され、少々緊張していた。二人でドキドキしながら食したのを思い出す。 今日の店は、その支店にあたるのだ。実に楽しみである。 さて店に入ると個室に通された。これはありがたい。 純粋に寿司屋を楽しむならカウンター席が良いが、今日は家族連れだ。周囲への気遣いに気疲れすることもない。 食事は、昼のおまかせコースを、 お酒は夏子物語特別純米を一合お願いした。 今日のマイぐい呑みは、西岡小十作、斑唐津ぐい呑。 こんな昼間であろうが、いつ何時にもぐい呑を持ち歩く癖が出来てしまっている。フフフ。

先付は、メジの酢味噌和え。 メジとはメジマグロといい、20キロぐらいの小型のクロマグロの俗称である。ピンクがかった色で、柔らかくキメの細かい肉質でなかなかに美味い。 さて、一品目が運ばれてきた。

生牡蠣だ。 いいね、悪くないスタートだ。酒が進む。 次に運ばれたのが、蟹に白菜と生キクラゲのお浸し ガラッっと変わって優しい味だ。出汁が体に染み渡り、胃が活動し始める感覚がある。次が待ち遠しい。 4歳の娘には好物のマグロときゅうり。

鉄火巻とカッパ巻を用意した。 私「一つ食べていい?」 娘「ダメ」 けち。笑

さあ向付け、刺身の登場。 鯛に〆鯖だ。キタキタ。 写真の刺身が少々寂しく見えるのは、写真撮影前に数切れ箸をつけてしまったせいである。笑 「海老の昆布締めです」 握りのスタートである。

何海老だったのか聞き忘れたが、ブラックタイガーぽい色と肉質。 海老の昆布締めは初めて食べたが、なかなかに美味いものだ。面白い。 ランチなので、もう一合だけ、夏子物語をお代わりした。 続いて 鰤とアオリイカに鮪と小肌。

オーソドックスな寿司ネタが続く。悪くない。 「美味しいね!」 嫁も満足してるようだ。 北寄に春子。

肉厚な北寄は、ジューシー。春子とは、春先に出回る鯛の稚魚のことである。軽く酢締めされているようだ。年末であるが、早々に春を感じることができた。 イクラ御飯。

軍艦でないので、寿司というより一口イクラご飯。 キラキラ光るイクラに興味津々な娘。イクラ初体験。 さてクライマックスは、定番の穴子。

ふわふわトロトロに炊かれた穴子だ。酒が進む。 最後に余韻を楽しむように

玉子に干瓢巻。アオサの汁でフィニッシュ。 デザートに葛餅まで頂いた。

贅沢した感と満足度の高い内容だ。 嫁も娘も楽しんでくれたようだ。 今日は、良い家族サービスができたかな。 ごちそうさまでした。 今日の「マイぐい呑ライフ」に乾杯。

#寿司 #日本橋 #西岡小十 #斑唐津 #唐津焼

© 2016 マイぐい呑のススメ(Encouragement of My Guinomi) myguinomi.com  Produced by Hidenori Sanuki