HIRAGUMOlogo.gif

​小樽切子/OTARU KIRIKO

深川硝子工芸/Fukagawa Glass

経歴

明治39年  井田精、東京都深川区本村町に創業。

大正12年  東京都深川区東扇橋に第二工場を設立。関東大震災で両工場ともに焼失。

昭和12年  株式会社井田製壜所に改組、社長に井田精就任。

昭和13年  全自動製壜機を導入。シーメンス社の溶解炉を導入。

昭和20年  戦災で工場消失。

昭和21年  データタンク炉を築炉、作業再開。

昭和29年  井田硝子株式会社として発足、主として食卓用ガラス・高級カットガラスの製造を開始。

昭和41年  第一回中小企業団体総連合表彰大会にて名誉総裁賞を褒賞

昭和49年  勲五等瑞宝章を受章

昭和54年  都市ガスを燃料とした硝子溶解炉を築炉。

平成15年  北海道小樽市に株式会社深川硝子工芸を出口新一郎が設立。主に工芸用ガラス製品を生産する。

平成18年  井田硝子株式会社をGlass Station雅に改名。

平成20年  「明日の日本を支える元気な中小企業300社」に選出。経済産業省より表彰。

平成24年  熱に強い江戸切子グラスとコーヒーカップを開発。「伝統的工芸品チャレンジ大賞」優秀賞。

平成28年  国立大学法人室蘭工業大学「新しい希土類硝子の小樽切子への展開」共同研究契約。

 

切子職人の沼田たまえ江戸切子の伝統工芸士篠崎英明に師事。

可愛らしい女性であるが、カット技術は日本屈指である。

吹き硝子職人日野森雅義と切子職人沼田たまえの最強タッグが生み出す美しい硝子と斬新なカットが新鮮。

独自のファイヤーポリッシュで実に柔らかい仕上がりの艶を生み出す。至極の逸品です。

深川硝子工芸 ​作品

© 2016 マイぐい呑のススメ(Encouragement of My Guinomi) myguinomi.com  Produced by Hidenori Sanuki