top of page
HIRAGUMOlogo.gif

​本沼手/Motonuma

松村遷 まつむら せん/Sen Matsumura

IMG_7104_edited.jpg
IMG_7104
IMG_7104

press to zoom
B3D963F0-1D11-4B12-8968-BF6CC933FAA5
B3D963F0-1D11-4B12-8968-BF6CC933FAA5

press to zoom
2BEEB6E0-BE5A-4210-9C89-A9DC9BC55643
2BEEB6E0-BE5A-4210-9C89-A9DC9BC55643

press to zoom
IMG_7104
IMG_7104

press to zoom
1/5

経歴

1977年 埼玉県浦和市(現・さいたま市南区)生まれ

1997年 京都伝統工芸専門校(現・京都伝統工芸大学校)卒業

1999年 多治見市陶磁器意匠研究所(デザインコース)修了

     以後、酒井甲夫に師事

2003年 さいたま市の自宅に窯を設置

2013年 土岐市現代茶陶展入選

2014年 庄六賞茶陶展入選

2018年 美濃茶陶展入選

2018年 益子町の自宅、本沼窯の初窯を薪で焚く。

2009年 新宿京王百貨店にて個展

2018年 名古屋三越にて個展

2021年 札幌三越にて個展

​黄瀬戸に出会い黄瀬戸を求め、黄瀬戸に生きる新進気鋭の黄瀬戸の鬼。

かの古田織部が愛したという黄瀬戸の最高峰「油揚手」を新たな解釈のもと焼き上げる。

黄瀬戸の聖地美濃にアイデンティティを持ちつつ、益子の本沼に築窯。美濃の土をベースに、本沼で取れる土や灰、石などを配合し作り上げた「本沼手黄瀬戸」

今にも油が滲み出てきそうなジュージーな「油揚手」に、いかにも香ばしそうな「焦げ」そして銅緑釉の「タンパン」に気品が伺える。そこには茶人織部が愛した3つの約束をしっかり抑えた確かなの黄瀬戸の姿が見える。

​間違いなく、今後の黄瀬戸を牽引する一人です

松村遷 ​作品