マイぐい呑と手拭い


マイぐい呑を持ち歩くにあたって持っておくと非常に便利なものがある。 ぐい呑を使用する前に拭き清めたり、保護のための包みであったり、使用後に水分を拭きとることもできる「手ぬぐい」である。 今回は、私の手ぬぐいのたたみ方をお伝えしたい。

使いやすい手ぬぐいのたたみ方。

1、まずは、手ぬぐいを横に広げる

2、半分に折りたたむ。この時、なるべく角をしっかり揃えて丁寧にたたむと良い。

3、切りっ放しの側を3分の1折り返すようにたたむ。

4、1でたたんで出来た閉じた側(残った3分の1)を上に折りたたむ。これで横の切りっ放し部分が、外に出ることなく中に収まる。

5、縦長にたたまれた手ぬぐいの下部分を持ち上げ4分の1を折り込む。

6、上部も同様に向かい合わせになるように4分の1を折り込む。観音開き状態になる。

7、最後にもう一度、半分に折りたたんで完成。

実にコンパクトになって、ポケットにも収まるサイズになる。手を拭いたり、汗を拭いたりと使い勝手が良いので、私は基本的にこのたたみ方で使っている。

今回はここまで。 次回は、この基本からマイぐい呑を巾着に入れるための包み方などの応用などをお伝えしようと思う。

それでは、 あなたの「マイぐい呑ライフ」に乾杯!

#ぐい呑み #手拭い #手ぬぐい #たたみ方

210回の閲覧

© 2016 マイぐい呑のススメ(Encouragement of My Guinomi) myguinomi.com  Produced by Hidenori Sanuki