参醸倶楽部


毎月の北海道出張。

今回も日曜日からスタートである。

じゃ、あそこに行こう

今回は、仕事先のW氏と同行した。

「おじさん飲み会」メンバーの一人で、美味しいもの大好きなジェントルマン。

以前から「良いお店を見つけたので、今度行きませんか?」と話をしていた。

参醸倶楽部

札幌市中央区南4条西6丁目10-1 南4条通り(電車通り)沿い北側 電話:011-222-4646 定休日:毎週火曜日、他 営業時間:17時~24時

まずは、生ビールからスタート

先付けを頂く

ホタルイカ、筍、春キャベツ

安定の美味さである。

続いて

松川カレイ刺身

薄造りでもコリコリとした歯ごたえがいい。脂も乗って松川カレイの香りを感じる。

美味い。

ここで、北の錦 北斗随想 純米吟醸をチョイス

今回のマイぐい呑は、鈴木禎三作油滴盞

キラキラと油滴が光って美しい

いつも持ち歩いてるタイプとは、まったく違う「ぐい呑」に気がついたW氏。

「なんかいつもと違うね」

「あ、わかります?今日のは天目ですから、ちょっと上品ですよね」

「天目?」

「もともとは茶碗で使われたタイプのもので、形が特徴的で、天目形っていうんです。釉薬も油滴と言われる、このキラキラした感じがあるんです。それをぐい呑みサイズに小さくしたものがこれですね。」

「ぐい呑みっていろんなのがあるんだね。」

W氏は、最近ぐい呑みに少し興味を持ち始めている感じがする。なんだか嬉しい。いずれマイぐい呑み仲間になってくれるかな?

たらの芽、こごみ、うどの葉の天ぷら

まだ、春の山菜が食せる環境が羨ましい。美味い。

ここで、写楽純米吟醸にスイッチ

青リンゴっぽい香りがいい美味い酒だ。

いぶりがっこチーズ

ここに来たら絶対外せない逸品。肉厚ないぶりがっこにクリームチーズもけちけちしていない。バリバリと豪快で良い歯ごたえにスモーキーフレーバーが口の中いっぱいに広がる。エグ味をクリームチーズがまろやかにする。

ワイルド。

W氏おすすめの

あずき菜のおひたし

初めて口にしたが、シャキシャキと行者にんにくのような歯ごたえであるが、全くクセがない。茹でると小豆のような匂いがするから「あずき菜」というらしいが。あずき臭さはなく、爽やかな青味が美味い。

初ものが続く、W氏が飲んでみたいと

雪の茅舎 山廃純米 新酒しぼりたてをチョイス。

花の香りがする。爽やかで美味い酒だ。

ここで、珍味ばくらい登場。

ばくらいとは、「ほや」と「このわた(ナマコの内臓)」の塩辛である。

ガツン系。酒がぐいぐいすすむ。

今回、写真が少ないが、撮り忘れたのは、酔っているせいではない。

W氏との話に盛り上がったタメだ。

二人だと少しずつ様々な肴を食せるのが嬉しい。

最後に貴 純米吟醸 山田錦 中取りをいただいて

ごちそうさまでした

今日の「マイぐい呑ライフ」に乾杯!

#北斗随想 #札幌 #すすきの #ぐい呑み #鈴木禎三 #天目 #写楽 #あずき菜 #雪の茅舎 #貴 #ばくらい

71回の閲覧

© 2016 マイぐい呑のススメ(Encouragement of My Guinomi) myguinomi.com  Produced by Hidenori Sanuki