こんなこともある


先に言っておきますが、今回は失敗の回である。

書こうか迷ったが、これも「マイぐい呑」の実際である。失敗もあるのだ。 不快に感じる表現もあるかもしれないので、気になる方はこの先は読まないでほしい。

お店の名誉のためにも、あえて店名や場所は伏せさせていただく。 ホテル近くの賑わいのある居酒屋である。 メニューをめくる。 あ、失敗したかな? 例外もあるが、メニューの種類がファミレス並みに多い居酒屋はハズレが多い。力が散漫になってしまい全てが平均以下になる。 和洋中コンセプトもバランバラン・・・。

町田酒造 特別純米吟醸55 限定直汲み 美味い酒だ。 酒が美味いことは、良いことだ。 しかし、この先付はなんだ? 色の悪い青菜の切れ端を卵とじにしたものに、人参、大根、エンドウで飾り付け。 雑だ・・・残り物で適当に作ったパターンのやつだ。

酒はうまいのにねえ。

さて、本日のお勧めメニューから、ホタテ稚貝の酒蒸しをチョイス。 変わった味付けだ、甘い・・・。そしてカップ麺を食べた後のような後味。ホタテの味を完全に殺している。

酒蒸しはもっとシンプルで、貝の味を存分に味わえる料理のはずだ。 酒蒸しなのかコレ?・・・失敗だ。 とりあえず酒を呑もう 陸奥 八仙 特別純米無濾過生酒 これも美味い 酒は美味いのに・・・まことに残念だ。 店長さんらしい方から声がかかる 「ぐい呑を持参されたんですか? わぁ素敵ですね」 ありがとうございます・・・苦笑 このタイミングで声をかけられると困る。

新生姜の豚巻き天ぷら なんだ?コレは全く味がしない。しかも 豚肉はパサパサ・・・撃沈!

「お客さん日本酒好きなんですね。これ味見してみてください」とサービスで鶴齢の純米酒を頂く。 これも「マイぐい呑効果」か? しかし、このタイミングでサービスされたら帰られないじゃないか・・・笑。 しかし、賑やかな店だ。繁盛している。年齢層は決して低くない。 オーダーするものを誤ったか? ひとり反省会が始まる・・・心の不満が表面に出る前に帰ろう。 こんなこともある。

嗅覚を鍛えてまた出直そう。

ごちそうさまでした 明日の「マイぐい呑ライフ」に乾杯!

#織部 #山口真人 #札幌 #町田酒造 #八仙 #鶴齢

109回の閲覧

© 2016 マイぐい呑のススメ(Encouragement of My Guinomi) myguinomi.com  Produced by Hidenori Sanuki