ラベルから日本酒を読み解く2

前回は、特定名称酒と日本酒度、酸度について話をしてきたが、引き続き日本酒のラベルの読み解きたい。今回は、生酒、生貯蔵、ひやおろし、中取り・・・などの火入れと搾りについての表記の違いを考えたい。 火入れとは、 通常の場合、酵素の働きを止めたり、殺菌のためであったりと2回の火入れを行うが、これが行われない場合「生」

と定義されているようだ。 現在では、一般的に12月から3月の冬場に醸造されるため、その年にとれたお米で醸造し夏を越さないものをさすことが多い。 また、俳句の季語としての新酒は10月(秋)を表す。これは、現在のように醸造技術や冷蔵技術の発達していない時代では、米の収穫後すぐに醸造していたという理由からだ。実に面白い。 さて、春に搾った新酒を低温で冷蔵貯蔵したお酒の中に、夏場は気温が高く火入れしないと瓶詰めできなかったが、生詰めできるほど気温が下がった秋頃から、出荷される特別な酒を、特に「ひやおろし」だとか「秋あがり」という。 ひやおろし・秋あがり 春先に搾られた新酒を一度火入れし、暑い夏の間は低温貯蔵で熟成させ、秋に2度目の火入れを

ラベルから日本酒を読み解く

「日本酒は好きだけど、なんだか色々な種類があって複雑でよくわからない」と言われることが最近多くなってきたので、日本酒好きな方には常識的な話ではあるが、アウトプットしてみようと思う。 ある程度の知識を持ってラベルを読み解くとその方向性が見えてくる。 今回は、特定名称酒、日本酒度、酸度に触れてみたい。 まずは、よく
精米歩合 60% 以下で、吟醸酒、純米吟醸酒並み醸造したが、吟醸酒に値するまでの醸造方法をとっていない。などや 
精米歩合70%以下で、本醸造酒、純米酒並みで醸造したが、吟醸酒 に値するくらいの醸造方法をとった。などの場合がある。 また、精米歩合、醸造方法からも本来は吟醸酒や純米吟醸酒だが、酒蔵のブランドで、すでに吟醸酒、純米吟醸酒の商品があるためにこれと区別するために表記されることもある。 続いて日本酒度の表記について 水4℃、日本酒15℃での比重の差を表したもので、糖分の差と言われる。 糖分が少ない方がアルコール度数が高く質量は軽くなる=日本酒度が高いとなる。 糖分が多い方がアルコール度数が低く質量は重くなる=日本酒度

© 2016 マイぐい呑のススメ(Encouragement of My Guinomi) myguinomi.com  Produced by Hidenori Sanuki